農民画にっき3

金山農民画院画師コトータケヒコのブログ。農民画にっき2より移転しました。ホームページはhttp://nominga.net
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 農民画の質 | main | 銭唐江の逆流 >>

農民画村へ

 先日、知人を農民画村に案内しました。農民画村も久しぶりです。


新しいモニュメントができていた

万博にあわせてだいぶリニューアルしたそうです。展示館も中国各地の農民画の紹介に変更されており、民間芸術と農民画とのつながりがわかる内容になっていました。そして展示館の最後には、ルァンスーディさんの銅像が!


故ルァンスーディさん

残念ながら私が農民画の学習を始めたときには既に故人になられていたルァンさん。晩年まで絵を描き続け、自由な構図から天才と呼ばれた彼女のお顔を拝見できるとは思ってもいませんでした。農民画家の皆さんのルァンさんへの思いが伝わってきますね。

さて、早速農民画家のアトリエ拝見!今年に入ってから画家さんのアトリエは配置換えがあって、それぞれ少しずつ移動されてました。まずは曹修文さん!こんにちは〜


「きれいにとってよ」

いつも元気で明るい曹さん。よくきたねーと歓迎してくれました。今日は知人と体験で描きたいんだけど、と告げると快く準備を引き受けてくれました。写真は絵の具を調整してくれているところです。知人が絵を描いている間、色々話し込んでしまいました。農民画を描き始めたころのこと、お父さんとの思い出、大阪府から記念品をもらったことなど。


「橋下さんからだよ」

最後に、いつも元気でお若いですね!と告げると、若さを維持する秘訣は毎日明るく元気に、好きな絵を描いて過ごすことさ、と大笑いされてました。曹さんだいすきです。

他の画家さんのアトリエでも大歓迎されました。ヤオシーピンさん、チェンフイファーさん、リチュアンインさん、チェンウェイションさん、皆お元気でなにより!知人もめくるめく農民画の世界に大喜び!よい休日になりました。


チェンウェイションさんご家族と

そしてこのチェンさん(陸先生の親戚です)。宣伝に力を入れており、かなりビビッドな看板がかけられていました。広告の本質を思い知らされるような思い切りのよさです。





こんなに楽しい看板を・・・いや楽しい体験をされたい方はぜひ農民画村へ!きっと農民画家のみなさんの笑顔が出迎えてくれますよ。お教室の皆も10月にワンデイトリップを企画してます、皆さんお楽しみに〜




日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nominga.net/trackback/15
この記事に対するトラックバック