農民画にっき3

金山農民画院画師コトータケヒコのブログ。農民画にっき2より移転しました。ホームページはhttp://nominga.net
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 無錫泥人形 | main | 5月26日(土)上海にてイベント参加します >>

林曦明现代剪纸艺术馆

先日とある本を読んでいたら、上海に現代風切絵の作者林さんの美術館があることを知りました。これは見に行かなくては!さっそく嫁を連れてGoです



林曦明现代剪纸艺术馆

中国では切絵のことを「剪纸」といいます。その歴史は古く、素朴なものから複雑なものまで様々な図案が作られ、新年の飾りなどに使われてきました。農民画の平面的な構成はこの切絵から考案されたともいわれています。

この美術館は区の文化中心(区民センターのようなもの)の一角にある、ミニミニ美術館でした。2010年にオープンしたようですが、当日は水漏れ?のため真っ暗になっており美術館内部もなんだか関係ない色々なものがごちゃごちゃおかれていて廃墟寸前、観賞というより探検状態。

作品数もWEB上では76店などと紹介されてましたが30ほど。それでもまるでマティスのような素敵な切絵に出会えました。

 

まるでマティス!


    

伝統的な切絵(サイズはどれも特大サイズ!)


この林さんという方はもともと中国画の大家であったらしいのですが、切絵もやられるようになり、今では「上海切絵」の最後の継承者ともいわれているそうです。かなりお年で90歳近いようですが、大胆でシンプルな構図が切絵の枠を超えて現代絵画のようなテイストを生み出していますね。

さっと見て回れるミニ(&ボロ)美術館でしたが、創作意欲にビビッと刺激をもらった一日でした。林さんにはこれからも元気で創作続けてほしいです!



林曦明现代剪纸艺术馆(徐汇区枫林社区文化中心)
中山南二路857号,枫林路街道办事处内
电话:021-64416010
参観無料
OPEN;月〜土9:00ー11:00、13:30−17:00(日曜祝日休館)
日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nominga.net/trackback/51
この記事に対するトラックバック